若々しいと幼いは違います

あなたは若く見られる方ですか?

若く見られると嬉しいですか?

私は嬉しいです。

そもそも童顔なので、35歳くらいまではずっと、年齢より下に見られてました。
逆に10代の頃は「老け顔」と言われてたので(顔変わってないのに)、どこかで顔と年齢の逆転が起きたんですね。

さて、今日は童顔でずっと「かわいいねー」「若く見えるね」と、言われ続けてきた人が陥りやすい罠を紹介します。

それは、「20代の頃からファッションが変わってない」と、いうことです。

特に、かわいい系ファッションの人が要注意です。

いくら若く見えても、40歳を過ぎると、20代の子と並ぶと明らかに違いが見えます。

だけど、周囲に若い人がいなかったりすると、気づかないまま、「まだまだ大丈夫」と、思いがちです。

でもね、年齢に対して若すぎるファッションをしていると、「アンバランスな人」に見えます。
若いというより、幼い感じになるんですね。

これは、かわいい系ファッションをやめろということでなく、「年齢にあった、かわいい系ファッションを楽しみましょう」と、いうことです。

メイクのプロやエステシャンなどの美容家のような、一部の人を除いて、実年齢マイナス5歳くらいが、妥当な「若く見える」の目安だそうですよ。
今40歳なら、35歳。50歳なら45歳を目指しましょう。

あなたのファッションが、今のあなたに合ってるかどうか。
診断を受けていただくとわかりますよ。

LINEからもご予約・お問い合わせできます。

今ならお友だち追加で診断で使える500円クーポン配布中!

0コメント

  • 1000 / 1000