パーソナルカラー診断を受けたら、そのシーズンの色しか着ちゃいけないという誤解

パーソナルカラーの基本は4シーズン分類。春・夏・秋・冬の4つのグループに分かれてます。

春と秋は温かみのあるイエローベースの色。
夏と冬はクールなブルーベースの色。

4タイプ分類のパーソナルカラー診断を受けると、

そのタイプの色しか着ちゃいけないと、誤解される方がたまにいらっしゃいます。

そんなことはないんですよね。

たとえば、春と秋、夏と冬はそれぞれベースカラーが同じなので調和します。

そして、春と夏の共通点は明るい色が多いこと。

秋と冬の共通点は暗い色が多いこと。

春と冬の共通点はビビッドカラーのような、混じり気のないクリアーな色が多いこと。

夏と秋の共通点は混じり気のあるソフトな色が多いこと。

こんな風に見て行くと、共通点があるもの同士は、調和しやすいと思いませんか?

さらに言えば、たとえば「明るい色が似合う」人なら、春にも夏にも似合う色がある、ということになりませんか?

大事なのは顔映り。

顔の真下には似合う色を持ってくるということです。


あとは、好きな色を組み合わせていただいてOKですよ。

その時に、何か共通点のある色同士だと、調和しやすい=センス良く見えるということです。


いろんな色を楽しんでくださいね。

irohaのパーソナルファッションカラー診断を受けていただくと、「タイプ分けをしない診断」を受けていただけます。

3時間で似合う色・形・素材の全てがわかる、トータル診断がオススメです。

さらに、JPFCAのパーソナルファッションカラーリスト2級講座を受けると、色の仕組みや、配色の基本がわかります。
新しい世界がひらけますよ。
お申し込みお待ちしています。

0コメント

  • 1000 / 1000