「あなたらしさ」とは、子供の頃から変わってない部分にあるのかも

あなたは、どんな子供でしたか?


面白い子?
泣き虫な子?
おとなしい子?
やんちゃな子?

何が好きで、何が苦手でしたか?


本が好きだった?
机の中は綺麗だった?
体を動かすことが好きだった?
みんなをまとめるのが得意だった?

人見知りだった?
暗いところが怖かった?
逆上がりが出来なかった?
給食を食べるのが遅かった?

どんなことをして遊びましたか?


探検?
レゴ?
ケイドロ?
着せ替え?
交換日記?
ファミコン?
ビーズ手芸?

嬉しかったことは?


怒りが収まらなかったことは?


悲しかったことは?


楽しかったことは?


私は、本と「ごっこ遊び」が好きで、食いしん坊でした。海外の子供達が冒険する本や、美味しいものが出てくる本が特に好きだった。

苦手だったのは体育全般と、集団行動。「みんなと一緒」じゃないと、弾かれる感じ。

これは、今もそう。

大人になって、経験値が増えて、できることも多くなったけれど、私たちみんな、子供の頃から変わってない部分があると思います。

あなたも、子供の頃のことを思い出してきましたか?

では、「服についての思い出」も、ちょっと探ってみてください。

私の場合、低学年くらいまでは、母の好きな服を着ていました。
写真を見返すと、ショートパンツにティーシャツかセーター。いつも男の子みたいな格好。よそ行きはファミリアの緑のチェックのワンピース。
フリルとか、リボンとかは無縁。

母は、いわゆる「女の子らしい格好の女の子」に対して、抵抗があったんだと思われます。

一方の私は「お姫様みたいなドレス」に、憧れてました。
ララベルの魔法のステッキが本当に欲しかった!(笑)

ほかにも、「白のフリフリワンピースにバスケット」なんていうのが憧れでした。
幼馴染に、バレエをやっていて、いつもそんなファッションの女の子がいたんですよね。
羨ましかったなぁ。

高学年頃から周りの友達の影響で、「ピンクの水玉のワンピース」だとか、「お嬢様っぽいAラインのスカート」だとか、自分で主張して選ぶようになりました。
この、自分で選ぶというのが、私にはとても大切でした。

ピアノの発表会も、卒業式も、母が服を勝手に決めて、選ばせてもらえなかったのを覚えています。

ピアノの発表会は、近所の高校生?のお姉ちゃんに借りた紺色のドレス(私は大きかったのでお姉さんサイズが着れた)
当時5年生くらいだったか…。とにかく、「紺色だなんてありえない!」って思いました。

卒業式は、やはり、借り物のグレーのブレザーと緑のタータンチェックのスカート。
ちなみにクラスメイトの女子はみんなワンピースで、AKBみたいな私は浮きまくって、「先生かと思った!」って言われました。時代が20年くらい早すぎた。

両方とも、写真で見るとシックだし、似合ってるんですよ。
でも、私は泣きまくって抵抗しまくりました。

親からしたら、一度しか着ないかもしれない、ドレスやワンピースにお金をかけたくないですよね。当時は子供服のレンタルもなかったし。

もしも、他の候補の中から、「何度も着るものじゃないし、できれば借りて済ませたいの」と、選ばせてもらえてたら、納得して着てたかもしれない。

でも、勝手に決められたことが、とても苦痛でした。

「自分で選ぶ」
「自分の世界観を大切にする」

これは、今の私にとっても大事なことです。

あなたにとって大事なことはなんですか?

0コメント

  • 1000 / 1000