クローゼットにある服、全部着ていますか?

さて、年末が近づきました。
そろそろ、大掃除のことを考え始めてる人も多いと思います。

「今年こそ、クローゼットの断捨離をしよう」 と、思ってるあなたに、断捨離の目安をお伝えしますね。



今年一度も着ていない服は断捨離対象


以上。(冠婚葬祭の衣装は除く)

…まあ、そんなこと言っても、捨てられませんよね。

では、もう少し基準を緩めると、

断捨離対象のもの


  • 物理的に着られない(サイズが小さい、穴が空いてるなど)
  • 3年以上着ていない
  • 似合わない

断捨離対象外のもの


  • 着ている
  • ドレス・喪服など冠婚葬祭用のもの
  • 思い出があって捨てられない(でもそんな服ばかりがクローゼットを占めてるなら、再考の余地あり)
  • 何と合わせていいかわからない
ここで、ポイントとなるのは、「何と合わせていいかわからない」ものです。

まず、その原因を突き止めましよう。
着ていない原因が、バランスなのか色なのか。

たとえば、あるスカートが「太って見えるような気がする」なら、他のスカートと比べて、「どこがどうだから太って見えるのか」を、考えましょう。

「ゴムウエストが胴回りを太く見せている」としたら、トップスでウエスト部分をカバーするような着方をしてみましょう。
意外といけるかもしれないし、余計に寸胴に見えるかもしれません。

なら、ウエストにベルトを巻いて、ウエストを強調してみるのはどうでしょう?

こんな風に、着ていない理由を突き止めて、それをカバーできる方法を考えてみてください。

新たに何か買う必要がある場合、「それを買ってまで着たいか」も、考えてみてくださいね。

何と合わせていいかわからない服が、クローゼットに入ったまま、新年に持ち越さないようにしましょう。

トータル診断やお買い物同行サービスに申し込んでくださったら、クローゼットのお洋服についても、相談に乗らせていただきます。

0コメント

  • 1000 / 1000